クレジットカードクレジットカードってただの支払い手段じゃないの?と思っている方、稼ぐチャンス逃してますよ〜。

クレジットカードは便利な支払い手段であるだけではなく、使い方次第では何もしなくても勝手に得する究極に楽して稼ぐ手段なんです。しかも、家計を握っている主婦だからこそ得するチャンスがたくさん潜んでいます。カードの使い方を考えているうちに家計の見直しもできたりするんですよ。カードを最大限に活用し、家計に生かすクレジットカード家計術を紹介していきます。

しかし、クレジットカードならどれを選んでも得するというわけではありません。ここでは、主婦目線でリサーチした得するクレジットカードの選び方も併せて紹介しています。

あなたに合ったクレジットカード活用法を見つけて下さい。

基本のクレジットカード家計術

クレジットカードは大きな買い物をする時だけ使うっていう方いませんか?私も以前はそういう使い方でした。でも、銀行引き落としや現金払いしていたものをカード払いに変えるだけで年間約3万円お得になるとなったらどうですか?私が実際にそうし始めて1年目の結果です。もちろん、利用の際に還元された「ポイント」という形で貯める訳ですが、もう今ではポイントはお金と同等です。馬鹿にできませんよ。

しかしながら、クレジットカードの利用頻度を増やすのが怖いという方も少なからずいると思います。おそらく盗難や不正利用に対しての不安だと思うのですが、これに関してはカード会社が保証してくれるので不正利用されて泣き寝入りということは、実は殆どないんです。カード会社側も、顧客に出来るだけカードを使ってほしい訳ですから、セキュリティや保証面には万全の対応をしています。むやみに怖がって、得するチャンスを逃すのはもったいないのではないかと私は思います。出費も稼ぐチャンスと捉えましょう。

では、クレジットカードを用いた得する家計術を紹介します。

①固定費はカード払いに統一

これが一番基本の部分です。固定費というのは毎月必ず同程度の額を支払わないといけないですよね。しかも全部合計すると結構な額に…。節約は固定費を見直せ!とよく言いますが、減らすのはなかなか難しい…。じゃあせめて、支払ったことで少しでもお得感を感じましょう!

カード払いができる固定費には以下のものがあります。

  • 電気・ガス・水道代等の水光熱費
  • インターネット代・固定電話代・携帯電話代等の通信費
  • ケーブルテレビ・NHK等の受信料
  • 生命保険・医療保険・自動車保険等の保険関係

☆我が家の場合、上記固定費をカード払いするだけで、年間約1万円分お得になりました。

②スーパーの買い物はポイント二重取りのチャンス

固定費の次に毎月必ず使うのが食費ですよね。できればカードで支払いたいところです。

「でもスーパーのレジでカードを出すと時間がかかって後ろに並んでいるおばちゃんの目が怖い…」という方もいると思います。でもそんな心配は要りません、今では殆どのスーパーでカード払いはサインレスってご存知でしたか?もちろん暗証番号も要りません。つまり、小銭を探したりおつりを貰ったりしている方が実は時間がかかっていたんです。

クレジットカード=遅い・面倒」っていうのは昔の話です。最近では少額でカードを出す人も増えていますし、カードに統一することで小銭をじゃらじゃらさせるストレスもなくなりますよ。

また、大抵のスーパーで独自のポイントカードを発行していますよね。そのポイントとクレジットカードのポイントが二重に貯まりますので、トータルすると馬鹿に出来ない金額がお得になりますよ。

☆我が家の場合、食費をカード払いするだけで、年間約4千円分お得になりました。

③海外旅行は現金両替よりクレジットカードがお得で安全

海外旅行の際、まず両替やレートを考えると思いますが、現地でカード払いした方が安くつく場合が多いです。カード会社によってレートの適用日が違うのでその差が生じる場合もありますが、レートが同じ場合、カード払いよりも両替による手数料の方が高く付きます。また、日本で両替していくよりも現地でクレジットカードのキャッシングを利用する方が安くつく場合も多いです。

現金を盗まれても返ってきませんが、クレジットカードは盗まれて不正利用されてもちゃんと保証されます。もちろん、クレジットカードの普及率は国によって違いますので、それは事前に調べないといけませんし、ヨーロッパ等のカード大国でも現金も多少は持っていないといけませんが。現金利用は最小限にして主にカードを使うというやり方が一番賢いと言えると思います。

④カード払いができる意外なもの

  • 国民年金

まさか国に納めるお金がカード払いできるなんてという感じですが、できるんです。日本年金機構のHPにも納付方法としてちゃんと記載があります。

申込・詳細(公式HP)はこちら

国民年金のクレジット納付方法

☆夫婦2人分を1年分カード払いするだけで、年間約3,600円お得になります。(カード還元率1.0%計算)

  • 家賃

固定費の中で一番額が大きいのが家賃ですから、これがカード払いできると大きいですよね。ただ、家賃のカード払いが可能か否かについてはカード会社や管理している不動産会社によります。

☆例えば家賃8万円をカード払いすると、年間約1万円お得になります(カード還元率1.0%計算)

  • 医療費

大きな病院では大概導入されていますが、最近では個人病院でもカード払い可にしているところも多々あります。入院・手術等はもちろんですが、通院費も長くなると結構お金がかかります。医療費を現金値引してくれる病院なんてありませんから、ポイントで少しでもお得にしたいところです。

⑤カード払いができない場合でもポイントをつける裏技

住民税や自動車税等の税金って結構高額になりますし、これにポイントが付けばけっこう稼げるのになぁって思っちゃいますよね。残念なことに税金の支払いにカードは使えません。 ですが、ただひとつ、nanacoというセブンイレブンで使える電子マネーを使えば、税金分をカードにポイントをつけることが可能になる方法があるんです。

nanacoというのは事前に任意の額をチャージしておけば全国のセブンイレブンでお買い物に使える電子マネーです。これが、収納代行(バーコードのついた払込書での支払い)に使用できるんです。収納代行ではnanaco自体にポイントは付きません。では、どうしたら付くのかというと、クレジットカードからnanacoへチャージする際にカードにポイントが付くんです。

【例えば、3万円の住民税を支払いたい場合…】

nanacoにクレジットカードから3万円分チャージ

⇒払込書を持ってセブンイレブンへ行きnanacoで支払い

これでOKです。この方法でいけば、税金に限らず収納代行は全てポイントを付けられるということになります。ただ、nanacoにチャージした時にポイントが付くクレジットカードは限られていますので要確認。当サイトで紹介している楽天カードリクルートカード・リクルートカードプラスだとチャージ時にポイントが付きます。

⑥家計管理はWEB明細を活用しよう

いくらポイントでお得になると言っても「カード払いを多用すると使い過ぎが不安…」という方もいらっしゃいますよね。確かに現金はあと何円というのが目に見えて分かりますが、カードで払うとそれが分かりません。

そこで役に立つのがWEB明細です。昔は月に一度、郵便で支払い明細が送付され、それで利用額を確認していたと思います。ですが今は殆どのカード会社で、HP上で明細が確認できるようになっています。しかも月に一度ではなく、カードを使えばその都度更新されていきますので、次の日には反映されていることが多いです。WEB明細で利用額を確認しながら家計を管理していけば使い過ぎることは無いと思います。

誰にも教えたくない「ポイントが稼ぎやすいクレジットカード」はこれ!厳選の3枚を紹介

得するクレジットカードの選び方

現在クレジットカードの種類は全て把握しきれないくらいの数が存在します。その膨大な数の中から一番良いものを選ぶべく各カードの説明を読み比べたりしていると、「あ〜もう何でもいいわ!」って投げ出したくなるんですよね…。きっとそれは、年会費だったり還元率だったり付帯サービスだったりと、どこをポイントに選んでいいか優先順位が絞りきれないからだと思うんです。

ここでは純粋に「一番稼げる」ということを最優先事項とし、選ぶ際の着目点を3つ挙げますので押さえて下さい。

①ポイント還元率

クレジットカードのポイント還元率で一番多いのが0.5%と言われています。大勢の人が、ただ無難かなーという理由で銀行でカードを作りますが、大体0.5%かそれ以下の場合が殆どなんです。

最近では、還元率が1.0%以上のカードもいくつか出てきています。還元率1.0%というと、単純計算で1万円使うと100円返ってくるということですね。

めちゃめちゃ主観なんですが、正直、還元率1.0%以上ないとポイント貯める気しない…と思うのは私だけでしょうか?0.5%や0.75%だと頭の悪い私はパパッと計算できないので、それだけで萎えてしまいます。なので私は、1.0%以上のものしか使いません。それより多い分にはいいんです。例えば1.2%ももちろんすぐ計算できないんですが、1.0%+ボーナスのような感じに捉えて、頭の中は基本1.0%で動いています。すみません、単に私が面倒くさがりなだけです。ただやっぱり少しでも煩わしいと思うことって続かないと思うんです。買い物した時にパッと、「●●円使ったから●円返ってくるな」とすぐわかるとカードを使うのも楽しいですしね。

当然ですが、カードを選ぶ際にポイント還元率が高いものを選ぶに越したことはありません。ただポイント付与にもカードによって条件があります。基本の還元率は●%だけども提携しているお店では●倍になるというものや、年間●●円以上使えば来年から還元率は●%にアップするステージ制ものなど様々です。

というわけで、一概に還元率が高い方を選んだら良いかというと、そうでもないんですね。使う人のライフスタイルによって、どちらのカードの方が得するかは変わってきます。ポイントプログラムを理解するのってなかなか面倒くさいですが、あとあと全然違ってきますから、よく吟味して自分に合ったものを選びましょう。

②ポイント利用方法

ポイント還元率が高いに越したことはないということは先ほど述べましたが、いくらポイントをたくさん貰えても使いようがなければ意味がないですよね。利用方法を事前に調べておくことはとても重要です。

実は、ポイント還元率が高いものほど自社関連サービスでしかポイントを利用できない傾向にあります。いわゆる顧客の囲い込みですね。要はポイントいっぱいあげるからウチで使ってねっていうことです。せこいなーと印象悪く思う方もいらっしゃるかもしれませんが、逆を返せばそこの会社のサービスを良く使う人間は万々歳なんですよね。会社側の戦略に乗せられてるとはいえ、顧客の側もその戦略を利用しちゃえばこっちの勝ちです。最大限に恩恵を受けましょう

そこでまた迷った時の判断基準として出てくるのが自分のライフスタイルです。自分が普段よく利用する会社やお店等に有利なカードを選びましょう。また反対に、カードを作ったことをきっかけに、これからそこに統一して買い物をするようにしようなんてのも良いと思います。

③年会費の有無

昔は年会費が必要なカードが殆どでしたが、現在では各社顧客獲得のため年会費無料のカードを多く打ち出しています。

昔からカードをもたれている方は年会費無料って何か不安…という方もいらっしゃるかもしれませんが、年会費無料のカードでもどんどんサービスが向上しているんです。むしろ、年会費を払うメリットが微妙になってきた感もあるくらいです。

最近カードを持ち始めた世代では、迷う余地なく年会費無料のカードを選ぶ!という方もたくさんいると思います。私も基本的には年会費無料のものをおすすめします。カードを使わなくなったのに、年会費だけ払い続けている…なんてことだけは避けたいですしね。

ただ、カードによって、また使い方によっては、年会費が要るカードの方が稼げる場合もあります。というのも、年会費が要るカードは還元率を高く設定している場合が多いからです。例えば、「年会費無料・還元率1.2%のAカードと」、「年会費2,100円・還元率2.0%のBカード」どちらがお得か?それはその人がどれだけカードを使うかによるんです。先ほど家計術として紹介したような、主にカード払いを優先する方法をとると、断然Bカードの方がお得です。要は、年会費2,100円を超えるだけのポイントが還元される利用額に達する確証があるかどうかです。

年会費が必要なカードを持つなら、じゃんじゃん使わないと損だということですね。逆に、あまり使わない、どれくらい使うかわからないという方は、とりあえず年会費無料のカードにしておくべきだと思います。

まとめ:クレジットカードは使い方次第!出費は稼ぐチャンスです

クレジットカードはただの支払い手段ではありません。ちゃんと仕組みを知って賢く使えば出費さえ稼ぐチャンスに変えられます。

そして貯まったポイントを頑張っている自分へのご褒美だと思うと、節約がうまくいかずため息ついていた家計の管理も少しは楽しくなりませんか?

自分のライフスタイルに合ったクレジットカードの使い方と選び方で、お財布と毎日の生活を豊かにしましょう。

このページで長々と語ったことを踏まえ、私のおすすめのクレジットカードを他の記事「稼げるクレジットカードはこれ!厳選の3枚を紹介」で紹介しています是非ご覧ください。