ヤフオク若い頃に買ったブランド品や洋服、すぐに小っちゃくなる子供服、はたまた得意のハンドメイドで作った雑貨や洋服など、何でも売れちゃうのがネットオークション。

前からオークションを始めたいと思ってたんだけど「知らない人とのやり取りは不安…」「面倒くさそう」などの理由で結局ゴミの日や廃品回収に出してしまう人は多いと思います。めちゃくちゃもったいないですよ…!

ネットオークションは本当に誰にでも簡単に始められます。最初の不安を乗り越えていざ始めてみると予想以上に簡単で楽しいですよ。私も随分前からヤフオクで売買していますが、実際やり取りしてみると想像以上に皆さん優しくて丁寧ですよ。そして、想像以上に高く売れます。

ここでは、私自身のネットオークションの経験をまじえて、オークションの始め方・高く売るコツなどについて紹介していきます。もし、これから始めようとする方の参考になれば幸いです。

(ネットオークションは色々あるのですが、一番使いやすいヤフーオークションについて紹介します。)

何から始めたらいいの?

ヤフオクの利用開始手続きは以下の3ステップです。

Yahoo!JAPANのID取得⇒②Yahoo!プレミアム会員登録⇒③本人確認(モバイル確認)

①Yahoo!JAPANID取得というのは、すでにYahoo!メールのアドレスを持っている方は、抜かして②に行って下さい。

②Yahoo!プレミアム会員というのは月額399円かかりますので、ヤフオクを使う期間だけ登録しておいて使わない期間は退会してしまえば良いと思います。また使いたい場合は再登録できますので。(会員になっておいたら他の様々なサービスも受けられますが、それほど魅力的なものはないです…。)

③モバイル確認というのは、自分の携帯番号を入力するとSMS(ショートメール)が送られてくるので「認証」を押せば本人確認完了です。電話がかかってくるわけじゃありません。ものの1分で終わります。

ちなみにですが、5千円未満の落札のみに利用するのであれば②以降はしなくて大丈夫です。出品または5千円以上の落札をする場合は②③の登録が必須です。ここでは出品のお話なので、③まで登録したとして説明しますね。

出品する前にしておいた方が良いこと

さあ、利用開始手続きが完了しました。いざ出品!の前にオークションをスムーズに進めるためにしておいた方が良いことがあります。

①何件か落札して評価を作っておく

ヤフオクで出品している人のIDを見ると横に「評価」というのがあると思います。ヤフオク上では、『nanako(235)』のようにIDの横に括弧に囲まれた評価数が表示されます。その数はその人が今まで取引した人から貰った評価の数です。ネットオークションでは相手がどんな人か見えないわけですから、評価の数と内容がその人の信用を表すといっても過言ではありません。

利用開始手続きをしただけでは、当然ですが評価は一つもなく(新規)と表示されます。つまりあなたの信用情報はゼロの状態なんです。信用できるかどうか判断材料がない人からお金を出して物を買うのは誰だって不安ですよね。実際、欲しい物であっても新規の出品者からは買わない人も多いです。

では、どうすれば良いかというと、出品する前に落札してみることをおすすめします。何か安い物で良いので一度落札してみて取引後、出品者さんから評価を貰えれば、あなたの信用度はグンとアップします。そしてその取引の中で、こういう流れでこういうやり取りをするんだなというのを勉強することもできます。

②出品したい物が規約違反にならないか確認する

ヤフオクは「え?こんなものも売れるの」というようなものも出品できますが、出品してはいけないものもあります。

偽ブランド品やアダルト関連商品は勿論ですが、たばこや宝くじなど気軽に出品してしまいそうな物も違反だったりするので、禁止出品物をちゃんとチェックしておきましょう。

③出品したい物をしっかり検品する

オークションでは新品の物も中古の物も売ることが出来ます。新品は問題ないかもしれませんが、中古の場合は状態についてちゃんと説明しておかないと後々クレームに繋がります。特に、汚れや傷などがあれば、その部分を写真を撮って説明しておかなければなりません。マイナス面を見せてしまうと落札額が安くなってしまうのではと思いがちですが、マイナス面を正直に提示することによってあなたの信用にも繋がりますので利点の方が多いと思います。また、気を付けなければいけないのが「におい」です。タバコを吸う人であれば商品ににおいが移ってしまっている場合があります。ペットなどのにおいも自分では気付かないが、他の人には気になる場合もあります。

④出品したい物の相場を調べる

オークションの開始価格を決めるためにも、出品したい物がどれくらいの価格で売買されているのかを事前に調べておく必要があります。自分は高値で売れると思っていても売れない場合もありますし、予想に反して意外にも人気があったりする場合もあります。

相場を調べるには、現在出品されている同じ物や似た物がどれくらいで落札されるのかを観察するのも良いですし、オークファン というサイトでは過去の落札価格を調べることも出来ます。

⑤落札された場合どういう手段で発送するかどうかを確認しておく

商品が安いものである時ほど、落札希望者は送料を気にします。高い送料払うんだったら普通に新品を買った方が安い場合だってありますしね。出来るだけ安い発送方法を調べておいて、それを提示することによって落札しようという人が増えることもあります。また、送料を予測で書いておいて、いざ落札された後にもっと送料かかりますとなったらトラブルになりかねません。ですから、サイズを決定するために梱包方法も事前に決めておく方が良いですね。

(余談ですが、送料が安いのでヤフオク上でよく利用されていたクロネコメール便は、以前はB4サイズも可能だったのが、2014年現在ではA4サイズまでに変更されています。こういったことも有り得るので、必ずHPで確認しましょう。)

⑥銀行口座をネットで見られる状態にしておく

出品した商品が落札されると、落札者の入金を確認後なるべく早く発送しなければなりません。そんな時にわざわざATMまで行って入金確認するのは結構大変です。なので、オークションで使用する口座はネットで使えるようにしておく方が得策です。今では、ネットバンクは勿論ですが殆どの都市銀行ではネット上で口座の管理ができますよね。ただ利用するには、手続きが必要な場合が多いので予めやっておくことをおすすめします。

出来るだけ高値で落札されるためのコツ

出品の仕方については、ヤフオクの公式の ヤフオク!かんたんガイドが分かりやすいのでそちらで確認して下さい。

ここでは、何度か出品を経験して分かった「出来るだけ高値で落札されるための出品のコツ」について紹介します。ヤフオクユーザーの間では定説になっていること、そして私自身が感じたことについても書きますが、あくまで傾向であり全てのケースに当てはまるものではありませんのでご了承下さい。

①出品終了日時は土日21時〜23時

出品終了日時は自分で決められます。そしてその終了時間が落札価格に大きく関係してくるのです。ベストなのは「あなたの出品した商品を落札したいと考えている人たちがヤフオクページを見ることができる時間」です。と言われても、そんなのわかるかーいという感じですよね。なので、ヤフオクの利用者が一番多いと言われている21時〜深夜1時の時間帯に設定するのがベターかなと思います。

また、出品終了する曜日はいつが良いかということですが、やはり週末が休みという人が多いという点で土日に設定するのが良いと思います。ただ、できれば終了後すぐに落札者の方と連絡を取れる方が良いですから、あなた自身の都合も加味しましょう。

こういう観点から、私が出品する際は必ず土日の21時〜23時に終了するように設定しています。

②写真の撮り方を工夫する

基本的には商品が見て分かれば良いのですが、少し工夫することにより反応がぐんとよくなります。特に洋服などのファッションのカテゴリーでは写真が全てと言っても過言ではありません。他のヤフオク出品者の写真や、雑誌・カタログなどを見て参考にすると良いと思います。

  • 室内光より自然光の当たる所で撮影する(⇒本来の色が写りやすい)
  • 商品が映える背景の所で撮影する(⇒商品の雰囲気に合わせる 例:ナチュラル系の洋服なら白やウッド調の背景)
  • 他のものとコーディネートして撮影する(⇒商品をより良く見せる、イメージしてもらいやすい)
  • 大きさが分かりにくい物は比較対象になるものを隣に置いて撮影する。

③検索に引っかかりやすいタイトル

タイトルに商品名を入れるのは当然ですが、文字数は全角30文字使えますので、出来るだけ検索されやすく、かつ目につきやすいワードを入れるようにしましょう。商品(ブランド)名・色・サイズなどを入れると良いですね。自分がそれを探すとするとどんな検索ワードを入れるだろうと考えてみると自ずと考えつくのではないかと思います。また、目を引く煽り文句を先頭に入れるのも効果的です。「新品」「美品」「限定」「絶版」「貴重」「完売」「半額」などがよく使われています。いくら目を引くためでも嘘は書いたらダメですよ。

④商品の説明はわかりやすく

写真を見ただけでは分からない情報をきちんと書きましょう。出品する物によって載せるべき情報は違いますが、いつ・どこで購入したか、使用頻度・状態、大きさなどはきちんと書いておいた方が良いと思います。自分がその商品を欲しい立場だったらどういうことを知りたいと思うかを想像してみると良いと思います。

また、商品説明以上に知りたいことがある場合は、見ている人から出品者への質問も出来るようになっていますので、質問が来た場合は出来るだけ早く明確に答えてあげるようにしましょう。

⑤出品価格は低めに設定

商品を欲しい立場からすると、検索結果を見た時にやはり安い物が目につきますよね。価格の安い順に並べ替えて見ていく人も多いので、やはり安く設定するに越したことはありません。それを狙って出品開始価格を1円に設定する出品者もいます。もちろん本当に1円で売れたらいいと思っているわけではなく上がると見込んだ上で、まず目を引くため1円に設定しているのです。ただ…本当に1円で落札されることもありえますよね。私はそこまでする必要はないと思います。そんなリスクを背負ってオークションやっても楽しくないですしね。結局、変な小細工をしたって、安くても売れない物は売れないし、高くても売れる物は売れます。欲を出しすぎず、あなた自身が最低いくら以上なら売ってもいいなと思える価格で始める感じで良いと思います。

⑥売り方を工夫する

普通に出品してなかなか売れなかった物が付加価値をつけてあげることで売れることがあります。よく使われる手段が、「セット売り」「おまけ付き」という売り方です。

「セット売り」の例を挙げると、続き物の漫画本1冊だと売れにくいですが、全巻揃えると格段に売れやすいです。続き物でなくとも同じ作者の物をセット売りにすることも有効です。また、子供服も同サイズ同系統のものをセット売りにすると売れやすいようですね。なぜ売れやすくなるかというと、ひとつひとつをそれぞれ落札するよりも手間や送料が省けるからです。

「おまけ付き」の例を挙げると、iPodのおまけにカバーをつける、CDのおまけにステッカーをつける、革製品にお手入れグッズをつけるなどです。これを欲しいと思う人はきっとこれも欲しいだろうというものをつけると良いと思います。

オークションで高値で売れる意外なもの

  • 絶版になった本や雑誌
  • 昔の雑誌の切り抜き
  • 号外で配られた新聞
  • 本・CDの初回限定品や特典
  • 飲料・お菓子のおまけ
  • 株主優待券
  • マニア向けのコレクター商品
  • ギザ10

などなど…。やはり今はもう手に入らないもの地域限定でしか手に入らないもの非売品などはプレミアがつくようですね。

オークションは、自分では「絶対高く売れる!」と思った物が全く売れなかったり、「数百円になればいいや…」と思って出した物が数万円で売れたりと、本当に予想外のことがよく起こります。

私自身の経験で言うと、あるミュージシャンのCDを地元のレコード屋さんで買った際に店主のおっちゃんがおまけでつけてくれた販促用ポスターを、数年後そのミュージシャンが売れた時に出品したら1万円以上で落札されました。タダで手に入れた物だったので「本当にいいの…?」と取引連絡のメールをする手が震えたのを覚えています。熱狂的なファンがいる芸能人やミュージシャンの売れる以前の物は高く売れるんだなと勉強になりました。出品する時期というのも非常に大事ですね。

今は断捨離がブームですが、物が捨てられない・物持ちが良い人は後々意外な収入になることもあるということですね。あなたのクローゼットにも意外なお宝が眠っているかもしれませんよ。

まとめ

ネットオークションは、いざ初めてみると想像以上に簡単で、比較的早くお金が入る方法です。

掃除の時に出てきた不要品を売って一石二鳥!という使い方も良いですし、自分で作ったハンドメイドの作品を置くお店のように使うのも楽しいですね。利用の仕方によっては、充分「仕事」と言えるくらいのやりがいも得られます。

また、ネットオークションは自分の都合で好きな時間に作業ができ、出品したら放っておくだけですので拘束時間も少ないです。ものすごく主婦に向いている稼ぎ方だと思いませんか?

【公式サイト・詳細】 ヤフオク!出品利用登録

 

ただそれでもやっぱり「面倒くさい…」「知らない人とのやり取りが不安…」という方は、オークション代行サービスというのがありますよ。それについてはこちらのページで書いていますので、是非ご覧になってみて下さい。